2019.12.14 2:12 am - 東岳澄 / 日々のあはひ

こんばんは、金曜日担当の東です。

寒いですね。

 

最近、TSUTAYAプレミアムなるものを始めました。

 

AmazonプライムやNetflixがすっかり主流になってきている昨今ですが、色々なCDDVDに囲まれながら観たい作品を選ぶ時間が好きなので、未だにTSUTAYAに通っています。

それは結構なのですが、いかんせん観たいものが多いんです。

ついついあれもこれもと借りてしまい、結局全部観きれないまま返却期限に遅れ、延滞料金を支払うという悪循環を繰り返していました。

TSUTAYAにとってはさぞや絶好のカモだったろうと思うのですが、さすがに見かねたのか、店員さんがTSUTAYAプレミアムというものを薦めてくれたのです。

 月額1100円で返却期限なしで一回5枚までなら借り放題、というもので、その直前に延滞料金1500円を支払っていた僕には、めちゃくちゃお得なものに思えてしまい、即座に加入しました。

 

これはこれでTSUTAYAの思うつぼな気もしますが、とりあえず返却期限から解放されてハッピーです。

 

 

 

一昨日、第30回下北沢演劇祭団結式に劇団員5人で参加してきました。

 

 

高本が撮ってくれてます。

 

 

松尾の肩幅が広すぎですね。

演劇祭に参加する団体が一堂に会して、交流を深めるというもので、とても有意義な時間を過ごさせていただきました。

 

そもそも今回の公演「どさくさ」ですが、劇団あはひの第4回公演であると同時に、この下北沢演劇祭の演目の一つでもあります。

 

下北沢。素敵な街ですよね。

 

皆さんはどういうイメージをお持ちでしょうか。

普段演劇にあまり関わりが無い方には、古着屋がたくさんあるお洒落な街、というイメージが強いかもしれませんが、様々なサブカルの発祥の地であり、昔から演劇がとても盛んな街でもあります。

僕も演劇を始めるまでは全然知らなかったのですが、実際に街を歩いてみると、至る所に劇場が立っているのを見かけます。

 

そんな演劇の街、下北沢で開かれるこの下北沢演劇祭なのですが、なんと今年で30回目だそうです。

 

素敵なデザインですね。

 

2/1~3/1までの一か月間、9つの劇場で全23団体が公演を打ちます。

劇団あはひは、本多劇場のトップバッター。

改めて考えるとなんて責任重大なんだとフラフラしそうですが、精一杯頑張りたいと思います。

 

他の参加劇団の方々とお会いするのは今回が初めてでした。

演劇祭に既に何回か参加されていたりと、キャリアのあるベテランの方々が多い中、明らかに浮いていて非常に恐縮でしたが、皆さん気さくに話しかけて下さり、とても良い交流の機会になりました。

 こんなに多くの人が関わっているのだと、改めて身の引き締まる思いです。

 

公演まであと二か月。みんなで頑張っていきたいと思います。

 

 

それではまた。

logomark

「劇団あはひ」は早稲田の演劇プロデュース集団です。
主宰: 大塚健太郎・松尾敢太郎。
次回『短編_傘』11/3-4(早稲田祭公演)。

© 2018 gekidanawai, Waseda Univ. All rights reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。