S__102105096

選択の連続(松尾)

髪をね、切りました。
2月の公演が終わってから切っていなかったので、後ろで結べるくらい伸びていました。およそ4か月ぶりの散髪で超すっきり。そしてまあ今回の散髪も、うちの大塚健太郎とタイミングはもちろん、気分転換に緩いパーマをあててみよっと♪、という思惑まで被ってしまったことはわざわざ声を大にして皆様に嘆くまでもないかと思います。

図星も4か月ぶり!

こんにちは。松尾です。久々のブログ更新です。自粛が明けて、ぼちぼち忙しくなってきました。

僕たちは須く色んな事を天秤にかけて、そのたびに片方を選んでは毎日を生きているのだなあと思わされます。時に訪れる重要な局面というのは分かりやすく僕たちの目の前に立ちはだかりますが、あの時彼の机の引き出しを開けていたか否か、なんていうその時は気にも留めなかった事が後々とんでもない結果を招くかもしれない。人生は選択の連続で、どんなに些細でも大切じゃない選択なんか無いんじゃないの?

…なんてことを、意外にもテレビゲームから教わりました。今みたいなのって何百万回も使い古されてきた謳い文句だとは思うんですけど、ゲームでこんなにもリアルに体験できるのかと思ったので紹介します。

モーションキャプチャ技術を駆使した超リアルなゲームです

PS4『デトロイト・ビカム・ヒューマン』(2018)は、AIが普及した近未来の地球を舞台に、3体の人型アンドロイドを代わる代わる操作して、彼らに降り注ぐ困難をいかに解決できるか、といったゲームです。プレイヤーが彼らの行動を選択していくことで物語の流れが決定づけられることから「オープンシナリオアドベンチャー」とジャンル付けされています。

毎度かなり細かい選択を迫られるため、クリアパターンはほんと無数に存在します。劇団でプレイした時は一通りクリアするのに半日近くかかったほど壮大なストーリーなので、だとするとまじでえげつない量のゴールがあるんだと思います。

当たり前ですが、一度選んだらやり直しは絶対に効きません。その代わり、チャプタークリアごとにプレイヤーの行動履歴を見返せるようになり、世界中のプレイヤーの何%が自分と同じ選択をしたのかが確認できます。僕たちは選択を誤ったようで、主人公のうち1人がクライマックスを目前に死んでしまいました。この辺りから取り返しがつかなくなったらしく、全プレイヤーの5%しか見たことがないバッドエンドを迎えてしまいました。

むちゃくちゃ長くなっちゃうのでこの辺で止めますが、要は、人生は一度きりで決して引き返せないという事を思い直すきっかけになったよって話でした。ほんと何が人生の転機になるか分からないですね。こんな写真を唐突に貼ることで、もしかしたら東岳澄が女装に目覚めてしまうかもしれない…。

東君が女装に目覚めるかは分かりませんが、この写真を無許可でアップしたことで僕が彼に怒られる未来がたった今決定しました。

皆様もぜひ『デトロイト・ビカム・ヒューマン』プレイしてみてはいかがでしょうか。

6DA4EE1E-C85A-4E82-A7EE-138578B1EE25

ルーティン(松尾)

筋トレを始めて1か月ちょいが経ちました。

最初は、とにかくたんぱく質だ!と思い、運動後にプロテインをがぶ飲みするだけでした。ただ、2週間くらい前からは食事に気を遣うようになりました。1週間前からは、食事のルーティンが決まり、低温調理した鶏むね肉、ブロッコリー、パプリカ、ニンジン、ゆで卵を毎日毎食食べています。運動にはエネルギーが必要なので多少の炭水化物(糖質)も摂取します。納豆に生卵、鯖の水煮、鰹節、梅肉を混ぜて米食ってます。やっと、やっと最近自分に合った筋トレを見つけたという感じです。

筋トレライバルの東くんよ、君の経過報告はまだか?まさかだけど、もうギブアップしてるんじゃないだろうな?ええ?君の筋トレブログ、楽しみに待っているよ…。

 

徹夜明けでやばい目をしているいつかの僕と東

 

こんにちは。松尾です。

筋トレのための食事ルーティンがようやく定まりました。ちなみに、食材の買い出し中はオールナイトニッポンを聴く、というルーティンも決まりました。よく聴いているのは、オードリー、霜降り明星、Creepy Nuts、そして、劇団本公演のアフタートークに二度もお越しいただいた佐久間宣行さんのANNの4つです。

僕は男子校出身だもんで、この4組の喋り方にとてつもない身近さを感じてしまいます。

オードリーはTHE男子校。いつまでも同じノリを引きずっている男子校出身の鑑。
Creepy Nutsはそのオードリーのヘビーリスナーだから話し方のルーツがもはや男子校。
霜降り明星は、男子校出身ではないけど、「あいみょん彼女にするわ」でラジオ1本持たせるあたりこれももはや男子校。
佐久間さんのANNもすごく楽しいから、調べたら、佐久間さん男子校出身だったもんね。

4組のラジオを聴いてると、高校時代に戻った気分でめちゃくちゃ楽しいです。友達に会いたくなりますね。皆様もぜひ聴いてみてください。

聴いてるみんな

Twitter(松尾)

今日からオンライン授業が開始されました。

授業が開始しても1週間のあいだは履修科目を最終調整できるのですが、あくまでも調整なので、この期間に追加した授業は、単位を「算入する」か「算入しないか」を選べないのです。まあだからつまり今回は、申請したら最後、その授業で成績を付けられる対象になっちゃうと。

前期はすべての授業がオンラインなので、単位を「非算入」で組み込んでおいて曜日を気にせず色んな授業を気楽に受けられるぞと画策していましたが…。「算入」「非算入」を選べるのが前回の登録期間まででした。そんなことも調べずに1個追加しちゃいました。いや、逆に1個で済んで良かった。気づかないまま授業ばこばこ取っていたらと思うと、ちょっとぞっとしました。

 

弟の1000ピースパズルが完成しました

 

こんにちは。松尾です。

自粛期間中Twitterを開く回数が微妙に増えました。こういう時期だからこそ、SNSでの投稿や運動はいっそう盛り上がりますね。

岐阜新聞社の広告が話題になりましたよね。「ソーシャルディスタンス」というキーワードを利用して、2m以上離れたら「離れていても心はひとつ」と読めるってやつです。粋だなあ。

岐阜と言えば、第3回公演でお邪魔した美濃加茂市のスタッフの皆様はお元気かしら

あとは時期とか全然関係ないけど、「炊飯器でお好み焼きが作れる」という投稿を見て、写真からお好み焼きとは思えない迫力が伝わってきたので、昨日やってみました。ケーキみたいなのができました。

思わぬ写り込みを果たした七味と比べるとデカさが分かります

冒頭でもありました通り授業が始まり、少しずつ普段の生活が戻りつつあります。自粛が明けたらいいスタートが切れるように、我々も準備をしていけたらなと思います。それでは。

EF60EF48-02C3-4978-966A-5B5EF2D9C8AA

遠隔祝い(松尾)

本日5月4日は、われらが大塚健太郎の22歳のお誕生日でした。めでたい!めでたいですが、皆で直接お祝いできないのが残念です。来週は古館里奈のお誕生日だそうです。自粛期間が終わったら、先月誰よりも早く22歳になった高本彩恵も含めて、盛大にお祝いしてやるとしましょう。しかし、もうちょっとだけ辛抱ですね。生き延びましょう!

 

 

こんにちは。松尾の近況報告です。

最近よく外を散歩しています。最寄りの新井薬師前駅から北の方に行くと「哲学堂公園」というなかなか広い公園に迷い込みました。園内には「哲学の庭」と呼ばれる作品があって、様々な宗教・哲学・法典・運動等の礎を築いた人が、三つの同心円状に立っています。三つの輪とそれぞれにラインナップされている人にはそれぞれ意味と役割があるらしいです。僕にはさっぱりだったので、大学で哲学を専攻する劇団員の小名洋脩に今度1人ずつ教えてもらうとしましょう。

 

とんでもなく後光が差している偉人たちの彫刻

 

あとは、キッチンの換気扇を掃除しました。昨年の6月に引っ越してきて初めての換気扇掃除。フィルターは油で真っ黒でしたが、結構きれいになりました。こんな感じで、気づいたところはまあまあ時間をかけて掃除しています。

 

換気扇の蓋のビフォーアフター(汚くてすみません…)

 

家で過ごすと暇を持て余しがちですが、創作に追われて忙しい時にはできなかったことを見つけて毎日を過ごしています。そろそろオンライン授業も始まることですし、少しずつ生活のリズムを自粛モードから日常モードに整えていかねばって感じです。それではまた来週。

E74E2E27-2BCE-42E8-8BB2-D81A9882A21F

再放送(松尾)

只今の劇団あはひは、孤高のブロガー・古館里奈様おひとりの毎週更新によって、この大変な状況下での活動をお伝えしている状態です。ブログはなんてことないコンテンツかもしれませんが、こういう事態では、情報を記録・共有したり、安否を確認したりできる一つのツールとして大事なんですね。という訳で僕もブログ書きます~。劇団あはひは今のところ全員無事でございます。

 

 

こんにちは。月曜日の松尾です。

ずっと家で過ごしていると、どうしても暇な時間に嫌気がさしてきますよね。何か、何か新しいことをしたい。同居している弟は、ネットで1000ピースのパズルを買っていました。

彼曰く、あとは空の景色を埋めるのみとなった時点で、大量に残ったピースが全て同じ色であることに気づいたため、人間の力ではこれ以上無理だと判断し、完成を諦めたそうです。

 

空を飛ぶパズーとシータが不憫でなりません

 

それはそうと先週から日曜劇場『JIN―仁―』が再放送されていますね。シーズン1のコロリ(コレラ)流行編は今だからこそ僕らに問いかけるものがありました。

特に面白かった、というか、今だから響いたのは、江戸の町民が、なんとまあ聞き分けの良いこと良いこと。未来からやってきた仁が「コロリ菌は生の野菜や衣服、排せつ物に付着しています」と群衆に説明すると、

「食事の際は火を通せばいいのね!」「持っている着物は焼いて灰を地面に埋めましょう!」

と互いに呼びかけあい、即座にコロリに立ち向かっていきます。このありえない速さの対応、そして危機感、現代の江戸の民も見習いたいものですね。

―――

関係ないですが、今観ると『JIN―仁―』って日本史を知っていたらもっと胸アツなドラマだったのだなあと思いました。本作で最も活躍したものと言えば、「ペニシリン」という抗生物質。仁が歴史の流れを大無視して、第二次世界大戦でやっと実用化に至るはずのペニシリンを幕末の江戸で青カビから作っちゃうという。第7話ではその製造所が何者かの手によって焼き払われる事件が起きてしまいます。

拠点を失い困り果てた仁を救ったのは、なんと今も現存するあのヤマサ醤油で、仁に資金協力したヤマサ7代目当主・濱口梧陵は、当時実際に医学の発展に莫大な投資をした実業家だったんです。しかもこの場面も、焼失した種痘所再建のために300両寄付したという濱口のガチ逸話をもとにしていると考えると、このドラマ相当うまいこと話ができていますね。ほんでまたこの『JIN-仁-』の濱口梧陵と本物の濱口梧陵が超そっくりなんですわ顔が。フィクションとノンフィクションが交錯する感じ。日本史を調べれば調べるほど面白かったです。AmazonPrimeでも観られるそうなので、皆さんもぜひご視聴してみてはいかがでしょうか。

S__68812810

あはひの休日(松尾)

2週間前は、行けるメンバーでスノーボードに行ってきました。劇団あはひは、早稲田大学内のサークルとして登録はしてあるものの、どんなに小さなサークルでも企画するBBQやお花見などの季節の風物詩を全逃ししてきました。あはひ唯一のレジャー体験といいますと、2年前に埼玉のトランポランドまでトランポリンをしに行ったこと。これだけです。まあなんと地味なサークルだこと。もうちょっと華のある団体でありたいですね。

 

トランポリンと高本彩恵

 

こんにちは。松尾です。
いやそうはいっても、スノーボード、めちゃめちゃ楽しかったです。僕は、人生で2回目のスノーボードだったので転びまくりましたが、皆なかなか上手でしたね。昔は、幼稚園の園長先生に引っ張られて無理矢理スキーを教わった記憶があるのですが…。スノーボードはてんでダメでした。

 

 

さて本日(3月23日)は、皆で牡蠣を食べました。生牡蠣で食べたり、バター醤油で焼いて食べたり…。僕は広島出身なので懐かしいなって思いました。皆で殻を取って剥いで。すごく楽しかったし美味しかった。食べた後は皆で話し合いましたよ、もちろん。

誰がお腹をこわすか楽しみですね。牡蠣をなめちゃあきません。
絶対誰かがお腹を壊すと思っているんですけど。

 

今、演劇界は大変重苦しい雰囲気を背負っていますが、我々も、学生劇団、とはいえどしっかりこの現状を受けとめて活動してまいります。今後とも劇団あはひをよろしくお願いします。

S__94388236

自炊(松尾)

母からLINEが来ました。「人の油そばまで食うな」と。昨日一緒に銭湯に行った友人は僕のお腹を見て「あっ」とだけ言いました。その友人が教えてくれたのですが、普段から腹を引っ込めて生活するようにすると腹筋が付く上にお腹も引っ込んでいくそうです。やってみたのですが、これを意識すると自然と姿勢も良くなるので結構おすすめです。でもめっちゃ疲れるので、僕はたぶんもう二度とやらないと思います。

 

前回に便乗して昨日観た映画を。ラッセル・クロウ魅力的でした。

 

こんにちは。松尾です。

最近すごい自炊モチベが高いです。集中稽古で夜遅く帰っても、スーパーに出かけて、材料買い込んで肉じゃが作ったり、カレーをゼロから作ったり、スペアリブ作ったり…。料理しているときは何も考えなくていいから気分転換になります。

第3回公演『ソネット』の美濃加茂公演では、皆の夜食にチャーハン作ったり、この前うちに劇団員が飲みに来たときも夜食にチャーハン作ったり。皆がうまいうまいと食べてくれるのが意外と嬉しくてたまに家でチャーハン練習します。可愛いとこありますね僕も。なんつって。

ただ一人暮らしの自炊って、いかにコスパよく腹を満たすかみたいなとこあるじゃないですか。だから基本的には米が進むものを一品作る訳です。カレーとかね。そしたら案の定米が進むから昨晩とか一人で3合食べました。だから太るんだね。

二週にわたって自分のデブ活を紹介してきましたがあまりにも需要無いと思うので、短いですがこの辺にしときます。そして、時刻はまもなく22時30分。今から劇団員の東君と電話をしながら夜のランニングをしてまいります。今まで培った脂肪を筋肉へと変えていかねば。それでは。行ってきます。

S__67821580

切り替えていきましょう(松尾)

第四回公演『どさくさ』終演からちょうど1週間が経ちました。

超久々に、映画を観たり、寝たりして過ごすだけの日々がやってきた…と思っていたら、千秋楽から3日後には劇団ミーティング。それはいいのですが、会議室に集まったのは、当たり前だけど劇団員だけで、それがものすごい違和感でした。

「人が少なすぎる」「静かすぎる」

それもそのはず。4か月間、多い時は10人で稽古していたんですから。人数が多い稽古場が思いのほか新鮮で楽しかったんですね。急に人が半分になってスカスカになったいつもの会議室が、公演が終わった寂しさを一層際立たせたのでした。

 

 

こんにちは。月曜日の松尾です。次回公演に向けて課題は山積みですが、少しずつ前進しています。皆様、今後もご贔屓のほどよろしくお願い致します…。

さて。太りました。

最近やたら劇団員から言われるんです。松尾が太ったと。いや、デブだと。お腹とか触られる始末です。やたら言われるので久々に体重測定したら、昨年の9月(第3回公演『ソネット』の時期)から5㎏太っていました。笑っちまいました。あ、こんな急に太るんだ。びっくり。

参考までに昔の写真と今の写真を。分かりにくいね。

2018年6月

2020年2月

原因は分かっています。稽古終わりに皆で油そばとか丼系とかカロリー高めのものを食べに行くんですけど、誰かが残したものを、太りにくい体質にかこつけて全部僕が食べていました。これを1年くらい続けてみれ。そりゃ太りますね。体質なんか関係ないない。

でも、今までの人生で常にガリガリでいじられていた僕からしてみれば、太ったと言われている事実が実はちょこっと嬉しいのです。だって触られるお腹なんてあったことなかったんだもん。

しかし、このペースでいくとほんとのデブになってしまいます。それは嫌なので、劇団員と大学のジムに通うことにしました。このブログでも筋トレ日記を書くかもしれません。頑張りま~す。それでは。

5504F0E2-F35B-4E26-A0BF-8513FB1ADA58

小屋入り(松尾&東)

こんばんは。松尾です。

 

ついに小屋入りしました。下北沢本多劇場です。

いつも以上に慣れない環境に、焦りと不安とワクワクと…色んな感情がごちゃ混ぜです。

 

本多劇場での公演が決まったのは、今からちょうど1年前でした。家で1人酒を飲んでいると、大塚から電話がかかってきて、「本多決まったよ」と。受話器の向こうには、劇団員全員がいて、なに喋ったかは覚えてないけど、とりあえず皆で喜んだ気がします。

 

そんで気づいたら今日、本多劇場にいました。いやあ。早いよ1年。大丈夫かよ。

 

しかし、美術の杉山至さん、舞台監督の伊藤新さんら一流のスタッフの皆さんが、僕らのために最高の舞台セットを組んでくださっている。なんて恵まれた劇団なのだ。今日の小屋入りで改めてそれをかみしめました。

 

本番まで残された時間はあとわずかです。『どさくさ』という作品をきちんと紡ぐための、明日が最後の調整です。おやすみなさい。

 

 

東です。松尾の家に泊まっています。

 

めちゃくちゃ途中ですが、謎の代打です。

松尾がブログを書いている横で、僕は急きょ変更された台本を必死で覚えています。

今回こそは余裕をもって準備をしようとかなり早い段階で稽古を始めたにも関わらず、結局いつもギリギリです。果たしてどうなることやら。

 

残された時間は少ないですが、できる事をやりたいと思います。

とりあえずこれから寝ようとしている松尾をたたき起こして、台本の読み合わせに付き合ってもらおうと思います。

 

どうか面白いものになりますように。

皆さんのご来場心からお待ちしております。

 

それではまた。

7ACEA4B0-8B0C-438B-BE72-EDF4145AA016

ドラクエとどさくさと山角の話(鈴木)

毎日寒いですね。わたしは寒さに負けずにドラクエウォークをしながら稽古の行き来をする日々です。

上級職になりたい〜!!

 

改めまして、こんにちは。鈴木望生です。
松尾くんから頼まれまして、ブログを書いております。実は二回目。
ちなみに前回はこちら

最近の私たちはというと、小屋入りが一週間後に迫り、早稲田を離れて少し大きな場所で稽古をしています。
広い場所で稽古するとワクワクしちゃうんですよね〜。なんでなんだろ〜。

 

 

『どさくさ』について色々書きたいんですが、作品の内容についてはまだ触れられないので、それ以外のことを少しだけ。
今回の『どさくさ』は、あはひの過去作を丁寧に振り返って、次何をすべきなのかを考え抜いた作品だと思います。かなりディスカッションも重ねました。私はあはひに関わって日が浅いですが、劇団としての決意表明みたいな作品になりそうな気がしています。劇団としての覚悟というか。
もう既に、この大きな公演を終えた後のあはひの作品が楽しみです。気が早いですかね。
それくらい、みんなどんどんアップデートしていくし、柔軟なんです。
でも、まずは目の前のことにきちんと向き合って、私たちが面白いなって思ったものを舞台に乗せたいです。

みんな様々な角度から作品にアプローチしたりする中、私は日に日に迫る下北沢での一週間を想像しています。どんな公演になるかなぁとか、下北で何食べようかなぁ、とかね。
本多劇場に足を運んでくださる方にはぜひ、作品も楽しんでいただきたいし、下北沢のおいしいご飯も楽しんでいただきたいんだ〜🍴
わたしのイチオシのラーメン屋さんは公演期間中改装なので、好きな定食屋さんをここでこっそりお教えしますね。

山角というお店。わたしはいつも牛すじ煮込み定食を食べます。だし巻き卵もおすすめ。店内の雰囲気も好き。

そして、みなさんも素敵なお店があったらこっそり教えてください。こっそり行くので。

最後まで読んでくださってありがとうございます。
毎日寒いので、どうか風邪を引かずに、元気な状態で本多劇場でお会いしましょう。

鈴木望生

〜〜

松尾です。好評につき鈴木望生のブログ第二弾でした。劇団あはひに活気をもたらしてくれる素晴らしい客演です。本番まであと約1週間。皆さまぜひお越し下さい。

logomark

「劇団あはひ」は早稲田の演劇プロデュース集団です。
主宰: 大塚健太郎・松尾敢太郎。
次回『短編_傘』11/3-4(早稲田祭公演)。

© 2018 gekidanawai, Waseda Univ. All rights reserved.