27760

好きな女優さん(高本)

高本です。

例年なら、もうすぐ待ちに待ったGW……!という感じですが、今年はもっと前から毎日が日曜日のような生活をしています。そんなこんなで何度も担当の水曜日を逃してしまいました。すみません。

 

最近はというと、あはひはオンラインミーティングを行い、今後のことを話したり、古館も言っていたように同じ本を読んで感想を共有したりしています。

 

私は、本を読み、撮り溜めた映画と舞台映像を観て、これまでの劇団の書類整理や制作的振り返りをしたり今後のためにマニュアルやテンプレートを作ったり、と忙しくしています。コロナの不安はありな

がらも、おうちで過ごす時間はそれなりに充実しています。

うちにある撮り溜めた映像たち

 

 

先日、映画『ティファニーで朝食を』を観ました。主演はオードリー・ヘップバーン。オードリー・ヘップバーンは私が(多分)唯一「好きな女優」として熱く語れる人物です。最近の役者さんだと、どこかリアルすぎて、この人!とはっきり言い切ることがなかなかできません。

小学校3年生くらいの時に『ローマの休日』を観て、衝撃を受けました。ちょうど演劇の世界にどっぷり足を踏み込み始めたくらいの頃だったと思います。その圧倒的美しさ、存在感と言ったら……!そんな言葉で済ませてしまうのは当時の私も納得いかないと思いますが、とにかく強く魅了されてしまったのです。

それから夢中になって写真集を集め、通っていた小学校にあった彼女の伝記だけでは飽き足らず、彼女にまつわる本が多い図書館を探し出して読み漁りました。

オードリー・ヘップバーン展が開催された時には、期間中通いつめました。会場内では「ムーン・リバー」が流れていました。当時は未見だった『ティファニーで朝食を』の劇中歌を口ずさみながら帰った記憶が、オードリーが劇中で歌っているのを観て蘇りました。

懐かしいと同時に、夢中になっていた当時の私、どこか初心を思い出したような感じです。

そんな思い出にも浸りつつ、明日もおうち時間を充実させたいです。

流れるたか

去年の今日(高本)

こんばんは。高本です。

今日から4月、新年度ですね。

大変な世の中ですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

 

先週は東京芸術劇場シアターイーストにて上演した玉田企画『今が、オールタイムベスト』にて制作助手として参加させていただきました。初めて外部の現場でお仕事させてもらったので、緊張の日々でしたが、本当にたくさんの発見と学びがあり充実していました。来年の『流れる』の再演も、頑張りたいと思います。

 

今日は、観劇予定だった『桜の園』が中止になり、とても落ち込んでいます。この状況では仕方がないとわかっていながらも、やっぱり、チケットを買って楽しみに待っていた舞台がなくなってしまうと悲しいですね……。稽古や準備をされてきた主催者側も苦渋の決断だっただろうなとも思い、本当にやりきれない気持ちです。

 

あはひはしばらく公演の予定がないとはいえ、今後について考えています。ミーティングもオンラインになりました。

先の見えない状態で、焦ることも少なからずありますが、せっかくの時間を、本を読んだり映画を見たり、インプットする機会にしたいねとみんなで話しています。また、少しずつ今後に向けて準備していけたらなと。

早くコロナが収束に向かうことを願いつつ……。

 

そういえば去年の今日は『流れる』(初演)の楽日でした。

 

あれから一年、あっという間で、そしてたくさんの経験と挑戦をさせてもらいました。来年には京都THEATRE E9と東京芸術劇場シアターイーストで再演ツアーができるなんて、当時は思ってもみませんでした。

 

今後も、多くの方に楽しんでいただける舞台が作れるように、挑戦を続けていきます。

引き続き、劇団あはひを気にかけていただければ幸いです。

それでは。

どさくさ再演

『どさくさ』終演しました(高本)

高本です。

久しぶりの更新な気がします。

 

劇団あはひ第四回公演『どさくさ』、先日無事千秋楽を迎えることができました。

この公演のために一年近く準備を続けてきたので、終わってしまったことが未だ信じられません。案内状やチケットの送付のために朝から郵便局に行くこともないし、打ち合わせも稽古もなくて、1日に送るメールの量も減り、睡魔と戦いながらパソコンや台本に向き合う必要もなくて、日々の暮らし方がわからなくなっています。

 

 

ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。たくさんの方に観に来ていただけて、とてもとても嬉しかったです。

今回の公演は、これまで以上に多くの方に支えられ、助けられて行うことのできた公演だったなあと思います。

まずは、オーディションに参加してくれて出演してくださった鈴木望生さん、演奏の稲葉千秋さん。稽古場では色々なアイデアを提供してくださいました。鈴木さんの舞台での振る舞いには惹きつけられたし、稲葉さんの演奏で幕が開き、幕が閉じる時は本当にわくわくしました。

そして、直前まで変更や調整に応じてくださりながら、素敵な舞台を作ってくださった舞台スタッフの皆様、当日の運営をしてくださった制作スタッフの皆様、音楽、衣装、宣伝美術などを担当してくださったスタッフの皆様に感謝致します。

また、アフタートークに来ていただき、楽しいトークをしてくださった、杉山至さん、ドミニク・チェン先生、徳永京子さん、佐久間宣行さん、重松清先生。

それから、他にも様々な面でアドバイスをくださった方、お力を貸していただいた方々がたくさんいらっしゃいます。

そして、当時まだ旗揚げ公演と早稲田祭での短編しか上演していなかった、学生の劇団に、夢のような挑戦をさせてくださり、最後まで応援してくださった本多劇場の方々に、感謝致します。

この場を借りて全ての方々にお礼申し上げます。ありがとうございました。

 

私たちにとって、大変貴重で有意義な経験になりました。私はいつも公演が終わったら、もうやりたくない!演劇なんか辞める!と言う時期がしばらくあるのですが(そしてもちろん結局辞めない)、今回は学んだこと、得たものがいつになく多く、もっとこうしてみたい、と考えることも多くて、全く辞めたい気持ちにもならず、まだまだここから頑張らなきゃ!!といつになく前向きな気持ちです。

 

劇団あはひ、次は9月に早稲田小劇場どらま館にて新作、来年1月京都E9、2月東京芸術劇場シアターイーストにて、<CoRich舞台芸術まつり!2019春>にてグランプリを受賞した『流れるー能“隅田川”より』を再演いたします。

楽しみに待っていただけますと幸いです。

 

最後に、初演からお世話になり続けている瀬沼英恵さん、上田悠人くんありがとう。たくさん助けられました。そして劇団員のみんな、ありがとう。

稲葉さんと鈴木さんも含めこのメンバーで、長い稽古期間をともにし、作品と向き合い、そして上演できたことが本当に本当に幸せだったなあと心から思います。

 

今後も、劇団あはひ、精進して参ります。応援のほど、宜しくお願い致します。

DSC09583

嬉しいお知らせ(高本)

高本です。

今回も投稿が翌日になってしまいました……。

 

Twitterではもうお伝えしましたが、嬉しいご報告です。

昨年8月から9月にかけて、東京と岐阜にて上演した『ソネット』(作:大塚健太郎)が、<かながわ短編演劇アワード2020 戯曲コンペティション>最終候補作品に選出されました!

大賞は、3月20日KAAT神奈川芸術劇場にて行われる公開審査により決定します。

本当に、嬉しいです。

劇団あはひ、ますます精進してまいります。

まずは2月『どさくさ』、ぜひご覧ください!

 

そして私は、月曜日にその日締め切りのレポート2本をなんとか提出したので気を抜いていたら、今日の午後に出さなければいけないレポートが!まだ!全然なのです!今から頑張ります。

 

それでは。

初演カテコ

今日も稽古(高本)

水曜担当、高本です。

明らかに木曜ですが、投稿しちゃいます。

段々と稽古や準備に加えて大学のレポートやテストに追われ、ブログの更新頻度が下がってきました。

今週は書かなくては、と思い、稽古を終え、昨日締切のレポートを提出してブログを書き、書き終えたと思ったら投稿する前に寝落ちしてました……。

 

今回の写真は、初演の、カーテンコールの様子です。いやあ、懐かしい。

最近の稽古では、みんなで話し合う時間をしっかりとっています。色んなことが少しずつ決まってきた今、目指すべきところ、何を念頭において稽古、そして上演すればいいのか、座組で考え、共有する時間です。

言葉を交わしても伝わらないことや、言葉では分かっても身体的に掴めないことがあって難しいですが、作品の精度、強度を上げるために必要な時間だと思っています。

私はそんな稽古に充実感を覚えると同時にわくわくしています。これまで一人で演劇や演技に対して考えたり疑問を抱いたりするだけでしたが、みんなでそれを考えられる、共有できるというのは、個人的に刺激的であると同時に演劇や作品作りにとって誠実な態度なのじゃないかなという気がします。

 

そんな感じで、初日まで3週間をきったところですがが、座組一同頑張っていきたいと思います。

チケットをご購入してくださる方も増えてきて、嬉しいです。日々みんなの励みになっています。まだの方はぜひ!よろしくお願いします。

 

さて、今月提出のレポート、あと6本あるのですが、終わるのでしょうか……。とにかく、頑張ります。

もちろん稽古も手を抜かずに。

それでは。

S__67289090

どさくさモード(高本)

高本です。

元旦に明けましておめでとうございますのブログを書いてから一週間しか経っていないというのに、お正月休みがもう遠い昔のことに思えるほど、月曜から一気にどさくさモードに切り替わって、稽古や準備に勤しんでいます。

月曜日は稽古始めでした。まずは帰省していた私と松尾がお土産を配り、それからウォーミングアップとして、鈴木さんが持ってきてくれたゲームや、たまーにウォーミングアップに登場するブラジル体操(?)をみんなでやりました。

ブラジル体操(で合ってるのかな)、私初めてやってみたのですが、めちゃくちゃ難しい……。足をどう動かせば良いのかわからず、全然できませんでした。大学生になって忘れかけていた、あの苦痛な体育の授業の感じをちょっと思い出しました。運動神経が全くないんです、私。あはひは運動神経がいい人ばかりなので、本当に羨ましいです。どのスポーツやっても、みんなと競えないのでちょっと寂しいです。

そんなウォーミングアップのあとは、しっかり稽古しました。私のシーンが、私が不器用すぎて全然進まず、焦りました。

そんな感じで私の稽古始めは落ち込むものでしたが、翌日には気を取り直して3度目の劇場下見に行きました。実際に台詞を言ってみて、声量や空間の感じを確認しました。何度も、しかも毎回長居してしまう我々の下見を、快く受けてくださる劇場のスタッフさん方に感謝です。

次に舞台に上がれるのはもう小屋入りの時だと考えると、いよいよなんだなあと思います。

そして今日(もう昨日になってしまいましたが)も稽古でした。今日はいつも以上に充実していて、とても有意義な時間でした。そういえば偶然、私以外の8人全員がジーンズで稽古場に来ました。またしても寂しい思いをしました。笑

 

年が明け、稽古の頻度も上がり、稽古の勢いというか、雰囲気が少し変わったような気がします。

本番までみんなで走り抜けたいです。私も足を引っ張らないように人一倍努力せねばと思います。

 

今日のアイキャッチの写真は本多劇場グループ公演スケジュールのリーフレット(写真左)と、下北沢演劇祭のパンフレット(写真左)です。ますます気合が入ります。良い公演にします。

IMG_3633

新年のご挨拶(高本)

明けましておめでとうございます。

高本です。

私は地元熊本で新年を迎えました。忙しくてなかなか帰れず、一年ぶりの帰郷です。

空気がいい。水が美味しい。いいところです。

少しずつ復興している熊本城

 

新しくできたショッピングモールにいた、大きなくまモン

熊本についていつか書きたいなと思うのですが、さすがに元日の話題じゃない気がするので、またの機会に。

 

さて、あはひ、去年は様々な出会いと縁があり、沢山の方にお世話になりました。駆け出しでわからないことが多いなか、多くの方が助けてくださり、応援してくださいました。2作品を上演し、また沢山の経験、挑戦が出来たのは、そんな皆様のおかげです。

今年も、皆様のご期待と応援に応えられるよう、メンバー全員でより一層精進して参ります。小名くんも言っていたように、妥協なく作品を作っていきたいです。

まずは2月、『どさくさ』を面白い作品にするために、座組一同頑張って参ります。応援のほど、よろしくお願いします。

 

それでは、どうぞ今年も、劇団あはひをよろしくお願い致します。

改めて本多劇場(高本)

高本です。

昨日、本多劇場に行ってきました。窓口に『どさくさ』のチラシが貼ってあって、とても感激しました。

大学進学のために上京して3日目くらいに、電車を調べながら下北沢に行き、劇場を巡った日のことが思い出されます。

私はそれまで地方に住んでいたので、演劇といったら下北でしょ、と思っていて、演劇好きとして、これからこの町に通うぞというモチベーションで上京したんです。もちろん観るために。

本多劇場はそのなかでも有名で、憧れの劇場でした。念願叶って初めて本多劇場で舞台を観たのは、2年前。ケラさんの『百年の秘密』でした。

観劇すること自体憧れていた、そんな劇場で、作品を上演させていただけるなんて、舞台に立たせていただけるなんて、なんというか、もう、ほんとに言葉にならないです。

 

昨日は『神の子』を観ました。

場内は満席。私は前日にネットで当日引き換え先着チケットをとったので、前から3列目の補助席でした。本多劇場で前の方に座るのは初めてだったので、ちょっとドキドキしました。テレビや映画で見ているような役者さん方が手の届く距離にいて、同じ空気の中で同じ世界を見ているという感じに、「ああ、これ!私が好きな舞台の世界ってこれ!」って久しぶりに興奮しました。また、役者さん方の熱量に圧倒されもしました。久しぶりにいい観劇体験でした。

豪華なキャストでした

作品を楽しんだ上で、いろんなことを考えました。

今『どさくさ』に向けてスタッフさんと打ち合わせをよく行なっているため、いろんなスタッフさんのことが浮かんで、「これは裏で舞監さんが頑張ってるんだろうな」、とか、「これは音響さんの技術なのかな」、とか思ったりして、今この上演ができているということ自体に感動しました。

劇場を出て、「ああ、この劇場で、たくさんの方に支えられて、上演させてもらえるんだ……」と思ったら本当に感無量で、涙が出てきました。

劇場のスタッフさんや、ほかにも様々な方に支えられながら、経験も腕もあるスタッフさん方とともに、作品を作っていける今の環境に本当に感謝しなくてはと思った日でした。

まだまだ先だと思っていた本番まで2ヶ月をきり、年が明けたらきっともっとあっという間なんだろうなと思っています。

後悔のないように、そして観にきてくださる皆様に楽しんでもらえるように、最後まで頑張りたいと思います。

文字起こし画像

最近のはまり(高本)

高本です。

稽古に行き、大学に行き、稽古に行く日々です。

 

最近、文字起こしにハマっています。というのは、11月に水谷先生と福島へ遠征に行った際、朝方まで語り合ったのですが、その文字起こしをしているからなんです。だんだん文字起こしのキツさより、ランナーズハイみたいになってきて、楽しいというか、止まらなくなってきて、電車のなかでやったり、待ち合わせの駅前で携帯2台使ってやったりしています。4時間弱の録音があり、現在2時間半くらいで50000字くらいになっています。

あと1時間ちょっと…いつ終わるのでしょうか。

 

こんな時間になってまで投稿するような濃い内容ではありませんが、そんな感じで、明日もまた頑張ります。

メガホン写真

演出助手のお仕事(高本)

高本です。先週から水曜日も稽古が入るようになったので、稽古場レポートをと思っていたのですが、翌日大学の授業で発表があり、準備に追われていたら朝になっていました。うーん、書けなかったのとても悔しい。

今日も夕方から稽古ですが、終わってからだと多分疲れて書き上がるのが遅くなってしまいそうなので、行く前に投稿しようと思います。

 

今日の写真。工作しています。なにを作っているでしょうか。
これもれっきとした演出助手の仕事です。稽古で必要な仮の小道具なり簡単な舞台のセットなりを準備します。
『流れる』の時は、ダンボールで、本物とほぼ同じサイズの仮スタンド灰皿を作り、毎回稽古に持っていっていました。
今回は…どうなるのでしょうか。果たして写真のこれを使うのでしょうか。分かりませんが、こういうのを考えるのはちょっとワクワクしてしまいます。

 

私は小さい頃から地元で演劇をやっていたのですが、その時は母が私の小道具や衣装を作ってくれていました。母のアイデアは本当にすごいんです。

早替えのために、ネクタイの、前の見える部分だけ形を作って縫い、あとはゴムに付け替えて頭から被るだけにしたこともあれば、バレエの時に使う薄いスカートが、指定の色がなかったので白のスカートを買ってマッキーで塗ったこともありました。
家で布を染めてバッグや衣装を作ってくれたり、柱時計の役をやったときは、胸のところに、針が動く、取り外し可能な時計のついた衣装を作ってくれたりしました。あれは本当にどうやって作ったんだろう…。
ちなみに母は普段から裁縫とか作ったりするのが好きなタイプではないそうです。でも、舞台の時は張り切って、簡単かつ早く作る様々なアイデアで作ってくれました。

 

私も母の血を継いだのか、そういったことを考えるのが好きなようです。でも、まだまだ母には及びません。今回も、自分では思いつかずこれこれこういうものが作りたいんだけどと言ったら、その日のうちに実家で試作した写真が送られてきて、それを今私が作っています。

母を頼りつつ学びつつ頑張っていきたいです。

 

それでは、本日の稽古も頑張ります!!

logomark

「劇団あはひ」は早稲田の演劇プロデュース集団です。
主宰: 大塚健太郎・松尾敢太郎。
次回『短編_傘』11/3-4(早稲田祭公演)。

© 2018 gekidanawai, Waseda Univ. All rights reserved.