2020.03.08 2:33 am - 東岳澄 / 日々のあはひ

どうも、新たに土曜日担当になりました。東です。

これまで土曜日は古館の担当だったのですが、毎週バイトの夜勤が被ってしまうらしく、大変だから変わってくれという事で、金曜日担当だった僕と交代になりました。

まあ大した違いはないのですが、ちょっと新鮮ですね。

 

せっかくなので、これを機にもう少し更新頻度を上げられるように頑張りたいと思います。

 

 

公演が終わって3週間が経とうとしています。

最近の劇団あはひはと言いますと、これからの活動について話し合ったり、お酒を飲んだり、高本の家でマリオパーティーをやったりしています。

話さないといけない事は山積みで、前回公演の振り返りもまだ続いています。

やはり初めての本多劇場だったということもあり、反省点が出るわ出るわ…。

ホワイトボードいっぱいに書き出された反省点に立ち向かうのは、なかなか根気が必要ですが、少しずつ改善に向けて前進出来ている気もしています。

 

ミーティング後、近くの居酒屋にて

 

そういえば、前々回のブログで松尾が言っていた筋トレ計画。

僕も一緒にやるつもりだったのですが、新型コロナの影響で大学のジムが使えなくなってしまい、しばらくお預けになりそうです。残念。

ちなみに松尾は、相変わらず自分の油そばを食べた後に、高本の残した分もしっかり平らげています。

本当に痩せる気はあるのか…。

これ以上彼のお腹がぽっこりしないように願うばかりです。

 

 

 

 

前回公演の振り返りの一環として、観客の方々が書いて下さったアンケートのまとめ作業も始めています。

このアンケートの存在と言うのは、上演する方からすると本当にありがたいもので、劇団員一同見るたびに喜んだり励まされたりしています。

時間を割いて書いて下さった皆様、ありがとうございました。

舞台の感想や、独自の解釈など読んでいてとても面白いし、自分達では気づかなかった部分を指摘してもらい、なるほどと思うことも多々あります。

良かった点、良くなかった点、どちらも次回公演に活かしていきたいと思います。

 

 

良いアイキャッチ画像が無かったので、最近借りて観た映画の写真にしちゃいました。

せっかくなので、ちょっと紹介します。

世界的なデザイナーでもある、トム・フォードの初監督作品「シングルマン」

主演は、「英国王のスピーチ」などにも出演していたコリン・ファース。

長年連れ添ってきたパートナーを事故で失い、人生を終わらせる事を決意したゲイの主人公の、最後の一日を描いた作品です。

監督の美学が作品の細部までよく表れていて、とにかく映像が美しいです。どのカットを切り取っても絵になるくらい。

ただ、映像美や世界観だけの耽美な映画であるかと言われるとそんな事はなくて、タイトルからも伺える様に、この映画の主題でもある、人が抱える孤独を繊細に描いています。

決して明るい映画ではないんですが、悲しく暗いだけの映画でもない。不思議と心に残る作品でした。

 

とりあえず素敵な作品なので一度観てみてはいかがでしょうか。

 

 

それではまた。

logomark

「劇団あはひ」は早稲田の演劇プロデュース集団です。
主宰: 大塚健太郎・松尾敢太郎。
次回『短編_傘』11/3-4(早稲田祭公演)。

© 2018 gekidanawai, Waseda Univ. All rights reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。